中古マンションの賢い売却方法 1

価格を割り出す「査定」には2種類ある

住まいの売却を思い立つキッカケはさまざまですが、「我が家がいくらで売れるのかな」という疑問や興味が湧いたというケースは少なくありません。この「いくらで売れるか」を調査して価格を算出する手続きが、不動産仲介会社が行う「査定」です。
ですから多くの場合、住まいの売却の第一歩は、不動産仲介会社に相談に行って査定を依頼するところから始まります。

ノムコムの無料オンライン査定サービスのサイトのトップ画面
インターネットの不動産関連サイトで、無料で簡易査定を依頼できるサービスも珍しくない。写真は、ノムコムの「無料オンライン査定」サービス

査定には「簡易査定」と「訪問査定」という2つの種類があります。簡易査定は、面積や築年数などの物件データや住宅地図のような資料と、近隣で最近取引された成約事例を基に概算価格を算出する方法です。「机上査定」ともいわれ、現地の確認を省略することで、スピーディに答が出せるのがメリットのひとつ。不動産仲介会社の店舗を訪ねなくても、電話やインターネットで、手軽に依頼することができます。

一方、訪問査定は、担当スタッフが現地を訪問して物件の細部まで確認し、法律や権利関係の調査まで実施したうえで、概ね3カ月以内で売れると見込まれる売却予想価格を出す方法です。本格的に売却を決意して行動をスタートするなら、こちらの訪問査定が欠かせません。

というのも、簡易査定では、眺望や内装設備の程度、管理状態などは考慮されないからです。所有者の使用状態によっても違いが出てきますし、リフォームをして当初の仕様から変化した物件もあるでしょう。そのため、簡易査定の概算値と訪問査定の正確な数値とにギャップが出る可能性があります。
また、買いかえのために売却する場合には、きちんとした資金計画を立てるうえでも、訪問査定による正確な数字を割り出しておくことが必要です。

いずれにしても、査定の費用は無料です。「マイホームの資産価値を知りたい」といった興味から入って、まずは簡易査定を試してみるのいいかもしれません。